【カープ9年ぶりの屈辱で最下位転落】マツダスタジアムで巨人に3タテ食らうなんて
スポンサーリンク

巨人にマツダスタジアムで同一カード3連敗の屈辱

新型コロナウイルスの新規感染者数が増えてくる中、
マスクをきちんとしているカープの首脳陣
マスクをきちんとていない巨人の首脳陣
なんか広島と東京の新規感染者数の違いに比例しているような感じにも見える

 

カープにとって巨人にマツダスタジアムで同一カード3連敗するなんて全くの想定外。
それもそのはず。
2011年8月5~7日に同一カード3連敗して以来の屈辱を味わいました。

*同一カード以外では、2014年9月16・17日/10月6日の日程は慣れてのマツダスタジアム3連敗はあるけど、これでも6年ぶりの出来事

今日はローテーション谷間で薮田投手の今季初先発。
森下投手のコンディション不良での抜擢。
遠藤と開幕前までローテーション争いをした意地があるはず。

相手は、ここまで8試合カープ戦に登板して未だカープに勝ち星無しのメルセデス。
カープにとっては負ける気がしない相手先発だったから、勝てるイメージしかありませんでした。

初回の先制点よりもその直後に浴びた大城の2ラン。
いきなりの3点ビハインドは連敗中のチームには大きすぎました。

中日と阪神が勝って、これでカープは最下位転落。
反攻は、ここからです。

今日のピックアップポイント

堂林意地の2ラン

一旦は1点差に追いつく2ランを含むマルチ。
打率は.420と今日も上昇。
不調のチームの中にあって、輝きを放っています。

新打線機能せしなかったけど

初の3番ピレラは無安打で機能せず。
それでも四球で塁を取るという気持ちがない1番ピレラよりも1番西川はいいと思います。
明日も、この打順で行ってほしいです。

田中広輔の不振

このところさっぱりの田中広輔。
昨シーズンのさっぱり打てなかった頃の記憶が甦ってしまうほど、不振です。
バットを強く触れていないし、相変わらず空振りが多いのが気になります。

こういう不振の選手に柔軟に動いてくる佐々岡監督が、いったんスタメンから外す可能性もあるのではと思い始めました。

ケムナの気迫素晴らしかった

最後岡本を三振に取った時の投球に、ケムナの成長を見ました。
つい昨季までは、ファームの試合で連打を食らっている姿しかイメージになくて、まだまだ不安を感じながら見ているけど、こういう投球見ると徐々に期待に変わりつつあります。

今日の気迫の表情は、首脳陣にもアピールできましたね。


ついに塹江が崩れた

開幕からここまで完璧な投球をしていた塹江がついに崩れてしまいました。
2失点はチームの反撃意欲を奪ってしまう大きな失点となってしまいました。

次の登板で立て直し期待です。

スポンサーリンク

明日の予告先発

 

広島 ヤクルト
大瀬良 吉田

今季最大借金4。
ついにチームは最下位転落。
こういうチームのピンチを救うのはやっぱりエース大瀬良に託します。

相手先発はプロ初先発ですね。
ここはプロの厳しさを味わってもらいましょう。

 

 


スポンサーリンク
おすすめの記事