プロ野球ベストナインが発表される度にいつも思うことがあるんです
スポンサーリンク

2019年プロ野球ベストナインが発表

今年もベストナインが発表されました。
ベストナインは以下の通り。

セ・リーグ 2019年ベストナイン

 投手   巨人   山口俊(初)
捕手   広島   会沢翼(3年連続3度目)
一塁手  中日   ビシエド(2年連続2度目)
二塁手  ヤクルト 山田哲人(2年連続5度目)
三塁手  中日   高橋周平(初)
遊撃手  巨人   坂本勇人(2年連続5度目)
外野手  広島   鈴木誠也(4年連続4度目)
外野手  巨人   丸佳浩(4年連続5度目)
外野手  DeNA ソト(2年連続2度目)

パ・リーグ 2019年ベストナイン

 投手  ソフトバンク 千賀滉大(初)
捕手  西武     森友哉(2年連続2度目)
一塁手 西武     山川穂高(2年連続2度目)
二塁手 楽天     浅村栄斗(4年連続4度目)
三塁手 西武     中村剛也(4年ぶり6度目)
遊撃手 西武     源田壮亮(2年連続2度目)
外野手 西武     秋山翔吾(3年連続4度目)
外野手 オリックス  吉田正尚(2年連続2度目)
外野手 ロッテ    荻野貴司(初)
DH  ソフトバンク デスパイネ(2年ぶり2度目)

ベストナイン選考内容について

セリーグ選考内容

 投手部門では山口俊投手の圧勝で270票集めました。
捕手部門は、私はカープファンですが、阪神の梅野選手ではないかと思っていましたが、會澤翼選手が選出。 やはり、激戦だったようで、45票という差でした。
一塁手部門は巨人の岡本選手か、DeNAのロペスかと思っていましたが、ビシエド選手がいましたね。
二塁手部門は、山田哲人選手で順当ですね。
三塁手部門は、一塁で取れなかったら岡本選手かと思っていたけど、高橋周平選手
遊撃手部門は、もはや無風ポジションで坂本勇人選手。
外野手部門は、首位打者の鈴木誠也(広島)、丸佳浩(巨人)、本塁打王のソト(DeNA)が選出。

パリーグ選考内容

 パリーグは、激戦区はそんなにないと思っていましたが、その通りでした。
ファンの間で、予想していた選手がほぼ順当に選出されたと思います。
ただ、投手部門は千賀滉大投手が最多勝の有原航平投手と44票差で競ったようです。。
もう1つ比較的競っていたのが、二塁手部門。浅村栄斗内野手が外崎修汰内野手と66票差でした。

スポンサーリンク

ベストナイン選出にいつも思うこと

ベストナインが毎年発表される度に、いつも思うことが1点あります。

それは、投手部門の1選手のみの選出は、今の分業制が進んだ野球には合わないのではないか?
まず、ほぼ先発投手からベストナインが選出されています。
歴代を見れば、横浜(現DeNA)の佐々木投手が抑えとして選出されたことはあります。

最近の野球では、先発投手の完投数も減少して、全チームとも分業制が確立しています。
中継ぎ、抑えの活躍なくしては、もはやシーズンを戦い抜けないのです。

投手3人選出したら、ベストナインという称号ではなくなると思われるかもしれませんが、パリーグはDHの選出をしていますので、10人の選出となっています。
オールスターゲームのファン投票でも、先発・中継ぎ・抑えと3投手が選出されますよね。
今回、セリーグで1選手も選出されなかった阪神。
中継ぎ以降の投手陣の充実ぶりは見事でしたので、もし中継ぎ部門があれば、選出された可能性もあったかなと考えたりします。

いろいろな意見はあるのは承知していますが、これがベストナインが発表されるたびに、私がいつも思うことです。

スポンサーリンク
おすすめの記事