【カープ今季初4連勝】ヒーローは堂林と長野かと思っていたら宇草と遠藤。きっと譲ってあげたね
スポンサーリンク

カープ今季初 やっとやっと4連勝 

遠藤投手先発の試合観戦は我慢が必要!?

最近、遠藤投手の先発の試合を観戦していると、私とてもだるくて疲れています。
その理由は、制球難。
今日も、ボール先行の多い投球に、見ているこっちもため息が続くような投球が続きました。
それに加えて、自ずと投球のリズムも悪くなるものだから、守っている野手陣もなかなかリズムが取れない模様で、まずい守備が出てしまう始末。

巨人戦で1度見せたような、ストライク先行の投球。
「やればできる」のだから、今後は強気の投球見せて欲しいです。

 

やっと固まった勝利の方程式

今のカープの勝利の方程式はこうです。
7回ケムナ-8回塹江-9回フランスア。

ケムナは開幕直後は勝ちパターンには入っていなかったけど、1試合1試合結果を積み重ねてここまでのポジションに来ました。
塹江もそうです。
結果を積み重ねることで、8回を任せられるところまで来ました。
フランスアは開幕直後は調子が上がらなかったけど、やっと期待通りのポジションにはまった形です。

なかなか定まらなかった勝利の方程式は、ようやく固まりました。
塹江がここに来て疲労からか球威が落ちて苦しい投球が続いていますが、先発投手陣の踏ん張りで、今より少しでも負担を減らしていけば、この勝利の方程式で勝ち星を少しでも伸ばしていけると期待しています。

今日のような試合展開では、9回一岡でフランスアを休められました。
一岡はなかなか登板機会は少ないけど、こういうところでしっかり結果を出したことで、不安定な投球が続く菊池保あたりのポジションを奪っていく足掛かりのチャンスにつながるはずです。

 

今日の試合クローズアップ

遠藤投手制球難相変わらず

相変わらず立ち上がりが不安定。
ボール先行のピッチングが続いて、ストライクを取りに行く球を打たれている感じでした。
これだけボールが多いと、守っている野手もリズムが取れません。

解説の金石さんも「やっていることがいつも同じ」と厳しく指摘されていました。

5回 100球 6被安打 3奪三振 4四死球 3失点

5回で降板した遠藤投手に対して、金石さんは「悪いながらも先発として6回7回は投げて欲しかった」ということです。

菊池涼の好プレー

6回表の好プレーに金石さん「もうこういうプレーでは驚かなくなった」と菊池の守備に対して絶対的信頼感を寄せていました。
ちょうど、遠藤から継いだ中田投手にとっては先頭バッターだったので、こういうプレーで投手を乗せていけるけど、今季のカープはこういうプレーで盛り立てることが少ないともいわれていました。

最近際立って目立つ松山の守備の拙さ

打順が4番になってから、バッティングは好調ですが、それに反比例するかのように守備の拙さが目立っています。
今日は、2回表の先頭バッターのフライを落球。
サード堂林は余裕で落下地点近くまで来ていたけど、マウンドをはさむように1塁側に落ちてきたので、遠藤投手の口元を見ても松山に任すような感じだったけど、落下地点に来るのが遅く、捕球に余裕がない態勢で落球。

このあと2失点につながったので試合を左右しかねない大きなエラーが続いています。

惚れ惚れする三好の守備

昨日の守備は、その時の解説の野村謙二郎氏も言ってたように、打球がかなり変化した珍しいものだったようで、名手・三好で捕れなかったのだからと割り切っていました。

それくらい守備には絶対的安心感を誇る三好のプレー。
今日もスーパープレー出ました。
8回表の近本のサードゴロを華麗なグラブさばきで捕球して、そこからの矢のような1塁送球でアウトに。
これがプロの守備です。

三好のスローイングが強肩すぎて好きです。

 

スポンサーリンク

今日のヒーローインタビュー

今日のヒーローは、4打席全部出塁した宇草選手と2か月ぶりの勝利をあげた遠藤投手です。
お立ち台で、センターフライを落球してしまったことを「ごめん」と謝った宇草選手。
それに対して、(優しく)「大丈夫です」と答えるシーンが見られた
ヒーローインタビューは下記記事にて全文紹介しています。

 

スポンサーリンク

明日の予告先発

広島 阪神
野村 西勇輝

このところ不安定な投球が続いている野村投手。
相手はカープにとっては難敵の西投手だけに、とにかく先取点だけは許さないで欲しい。

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク
おすすめの記事