新型コロナウイルス感染拡大による12球団の現状
スポンサーリンク

新型コロナウイルス感染拡大による12球団の現状

数日前にも、同じ話題に触れたのですが、新型コロナウイルス感染拡大が止まらず、さらに状況が変化していますので、4月1日現在の状況で再まとめしています。

プロ野球の開幕が4月24日を目指すとされていましたが、5月中旬以降に変更されるようです。

阪神の本拠地が観戦数の多いエリアにあるのも多少なりとも影響していると思い、12球団別にエリア別感染者数を元にした感染リスク度をまとめてみました。

セリーグ

チーム名 本拠地エリア 新型コロナウイルス感染者数
(3月28日18時→4月1日12時現在)
巨人 東京 227人→527人
DeNA 神奈川 82人→120人
阪神 大阪・兵庫 136・87人→245・147人
広島 広島 4人→6人
中日 愛知 147人→176人
ヤクルト 東京 227人→527人

パリーグ

チーム名 本拠地エリア 新型コロナウイルス感染者数
(3月28日18時→4月1日12時現在)
西武 埼玉 60人→98人
ソフトバンク 福岡 11人→43人
楽天 宮城 2人→7人
ロッテ 千葉 54人→164人
日本ハム 北海道 167人→177人
オリックス 大阪・兵庫 136・87人→245・147人

こうやって見ると、たった数日の間に状況が深刻になっているのがわかると思います。
感染者数が一けたのところは、カープの広島と、楽天の宮城のみ。
目立たないけど、日本ハムの北海道は、自治体の厳しく早い対応でピークアウトをしているのかもしれません。

それにしても、東京や大阪・兵庫の感染拡大は恐怖です。
自粛というようなだらだらとしたものでは、ほんと恐い気がします。

スポンサーリンク

12球団の新型コロナウイルスに対する対応

12球団それぞれ新型コロナウイルスに関する対応が異なります。

セリーグ

チーム名 動き 現状と今後
巨人 自主練習 1軍主力は3/26に一時解散
4/5の再集合予定も延期
DeNA 自主練習 自主練習で取材も禁止
阪神 活動停止 再開は最短で4/9
広島 全体練習 3/28から全体練習開始
4/3の代表者会議を受けて今後を決める
中日 自主練習 4/1から自主練習
ヤクルト 自主練習 全体練習から変更。取材禁止

パリーグ

チーム名 動き 現状と今後
西武 全体練習 4/2まで。
4/3は休養日で、4/4からは未定
ソフトバンク 活動休止 練習再開日は4/3に決定する
楽天 活動休止 3/30から活動休止
球団事務所も閉鎖
ロッテ 活動休止 4/5まで活動休止
日本ハム 自主練習 3/31から当面の間自主練習
オリックス 自主練習 4/1から当面の間自主練習

もはや、オフシーズンと同じような状況になっています。
再キャンプみたいな練習をしないといけないでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

4日前に投稿した時とかなり情勢が変わって、対応も厳しいものとなっています。

カープの選手が「野球をしてていいんだろうか」とジレンマに陥っているコメントをのこしています。
早く、普通に野球が出来て、普通に応援できる日が来ることを祈っています。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事