V奪回に向けたカープの補強はここまでは完璧でしょ
スポンサーリンク

V奪回に向けたカープの補強はここまでは完璧でしょ

今季はとても悔しい結果となってしまったカープ。
リーグ4連覇を逃したばかりか、阪神の思わぬ最後の連勝でクライマックスシリーズも逃し、まさかのB丸くらすで終了。緒方監督の退任は、選手時代からファンだった私にとっては寂しいニュースでした。
新監督は、野村謙二郎氏の再任を期待していたけど、佐々岡真司新監督就任が決定。
ちょっと微妙な気持ちでいたけど、早速佐々岡監督の手腕を見ることに。

今オフはFAでの大量流出も危惧されたカープだけど、會澤、松山、野村、長野選手など全員残留が決定。
その中でも、各選手が佐々岡監督からの直電話で「来季も一緒にやろう」と伝えられたことを明かしました。
監督就任後にすぐに動いた佐々岡監督の行動力にびっくりでした。
これに加えて、先日はメジャー移籍を目指していた菊池涼介も残留が決定。
今季の戦力から、一人の戦力ダウンもなく来季に向かうことが出来ました。

スポンサーリンク

新外国人選手の補強も早かった

来季に向けての新外国人選手の獲得もとても早かったです。
今季在籍していたローレンス、ヘルウェグ投手に加え、1軍での実績を残したレグナルト投手までも契約更新はせず。
パワー投手で球速最速は150キロ以上を誇るDJ・ジョンソン投手、テイラー‣スコット投手の2人投手を補強。中継ぎ候補としての期待を担うことになりそうです。

また当初は、ポスティングシステムでメジャー移籍を目指した菊池涼介選手の後、セカンドを守れるホセ・ピレラ選手も獲得。結局、菊池選手の残留が決まったので、登録通りの外野手を守ることになりそうですが、選手層の厚みをさらに増したのは事実です。

ドラフトでは、即戦力としての呼び声も高い森下暢仁投手を獲得。
ここまでの、来季に向けた補強は、確実に実行されたといってもいいでしょう。

スポンサーリンク

最大の補強は

来季にカープの最大の補強は?
実際の補強とは違いますが、流出の可能性も囁かれた會澤、野村選手の残留。
そして、つい先日の菊池涼介選手の残留。
これに尽きるのではないでしょうか?

あとは、今季極度の不振に苦しんだ中崎、田中広輔選手。
2人とも来季の復活にかけて、故障個所の手術に踏み切りました。
来季の復活に向けての決断に、大いに期待したいと思っています。

ここまでの補強は確実に成功したカープ。
もちろん、他球団の補強も確実に行われています。
報道だけ見ていると、どんなに素晴らしい外国人選手なのかと思うようなものを見ます。
全球団、来季に向けた新戦力の補強はほぼ完了していますから、どこまで期待通りの活躍が出来るかですね。

あと、外国人選手はどんなに素晴らしい選手を何人獲得しても、1軍枠は4選手のみ。
ここはベンチワークにかかっています。
佐々岡監督の手腕も期待したいところです。

スポンサーリンク
おすすめの記事