カープ先発投手予想-6月18日~23日-
スポンサーリンク

カープの先発投手予想(2019年6月18日~23日)

テレビやスポーツ紙などの報道と、直近の先発ローテーションと投球内容を基に、予想しています。
あくまでも予想ですから、広く温かい目で参考程度にご覧頂けると嬉しいです。
特に、相手チームの先発投手予想はかなりあいまいですので、お許しください。

交流戦もあと2カードと、雨天中止で流れた楽天戦の7試合。
ここまで、3勝7敗1分けと大きく負け越しているけど、私たちファンは、チームを信じて、最後まであきらめていませんから、交流戦5割以上を狙って戦って欲しいと思っています。
6勝1敗のハイペースが要求されるけど、11連勝したチームですから、まだあきらめていないです。

対ロッテ戦 6月18日~20日(マツダスタジアム)
6月18日  九里 (涌井)
6月19日  大瀬良(岩下)
6月20日  山口 (種市)

交流戦逆天王山。
最下位争いをしているチーム同士。
ここはカープにとっては、勢いをつけたい3連戦になります。
どっちも調子が上がらなかった交流戦。
ロッテも、同じような気持ちで挑んでくるので、どっちが本当に調子が悪いのかを計る試合になります。

初戦は、先週まで野村投手が先発していた試合だけど、周知の通り、今はファームに落ちています。
ちょうど谷間になる試合で、当初は遠藤ちう種の抜てきも予想していましたが、土曜日の雨天中止が恵の雨となり、ローテーション投手の九里の先発が予想されます。
第2戦は大瀬良、第3戦は山口とここまでと同じローテーションできそうです。

勝利期待度が高いのは第2戦。
初戦の相手涌井は、今季の防御率は悪く調子に乗っていないので、九里にもチャンスあり。
ここを勝てると、連勝の期待は大きいはず。
今回の3連戦のうちで、苦戦しそうなのは第3戦。
相手先発予想の種市投手は好調で打線はそうは得点取れないはず。
山口投手は投げてみないとわからないので、彼の投球がこの試合のカギを握ります。

対オリックス戦 6月21日~23日(マツダスタジアム)
6月21日 床田    (成瀬)
6月22日 遠藤    (山岡)
6月23日 ジョンソン (田嶋)

直近のオリックス対阪神を見ていました。
カープが負けると、巨人と阪神が負けないないかなと、試合の終盤をテレビ観戦していました。
オリックスは、予想以上に手強いイメージです。
阪神に終盤の逆転勝ちをしたりしていたから、なおさらそう感じたのですが、パリーグ現在最下位のチームとは思えないようなしぶとさがありました。

初戦の相手先発成瀬投手は、さほど厳しい戦いにはならないと信じていますが、第2戦山岡投手、第3戦田嶋投手は調子よさそうですから、侮れません。
カープは、初戦床田投手が、前回かなりメンタルをやられたと思うので、どこまで立ち直っているかに注目。
第2戦は、遠藤と予想していますが、もしかしたらジョンソンを中5日で持ってくる可能性も少しあります。
遠藤がもし先発に抜擢されるなら、前回の日本ハムの吉田投手みたいな継投になりそうな試合。
そこまでの試合で、どれだけ中継ぎを温存出来ているかが左右されそうです。

ジョンソンは日曜だと思いますが、相手の田嶋の先発試合数が少ないけど、いい投球しているのが不気味です。
もし、ジョンソンが土曜日に投げてくるならば、日曜日に登板なしという理由で一旦登録抹消して、メヒアを昇格させても面白いと思っていますが、あくまでも希望です。

カープファンの鯉言
ここまでの交流戦のカープ打線がかなり不調なので、ついつい弱気の試合予想していますが、これが5月の勢いの中で、この記事を書いていたら、この6連戦は4勝2敗以上は期待できると書いていると思います。
予想って、このように心理が大きく左右されるものです。
とにかく、最初に書いたように、最低でも交流戦5割を目指して欲しいから、ここは5勝1敗以上のハイペースを期待したいと思っています。
マツダスタジアムに帰って来ますから、ようやく落ち着いて試合が出来る選手たち。
ここまでの移動距離はとにかく半端なくて、お疲れモードが打線に影響していたと思いますから、カープはここからですよ。
スポンサーリンク
おすすめの記事