【カープ】練習試合ラスト3試合の観戦注目ポイントは
スポンサーリンク

開幕までラスト3試合で見えてきた戦力構想

今日の阪神戦は雨天中止。
いろいろ実戦で試したいことはたくさんあるはずだから、この試合は首脳陣にとっては残念な中止でした。
いよいよ明日からは、ソフトバンクとのラスト3連戦。

練習試合ラスト3試合の観戦注目ポイント

開幕まで残り3試合で、首脳陣は開幕に向けての最終テストをしてきます。
その中での注目ポイントを挙げてみます。

投手陣について

先発が開幕3試合と全く同じローテーションで来ますから注目です。
明日から、大瀬良-床田-森下のローテーションが有力とされています。

ストッパーは、スコットに決定したようです。
佐々岡監督が明言しているようですが、ここまでの投球内容を見ても今は彼しかいないですよね。

ただ、中継ぎで7回・8回を任せられる投手がまだ決まっていないようです。
今日、DJ.ジョンソンと中田が2軍に降格しました。
先日、フランスアとDJ.ジョンソンが外国人1軍枠の最後の1枠を争うということに触れました。

フランスアかDJ.ジョンソンかと聞かれれば、私は球に力があるDJ.ジョンソンが1歩リードしていると思っていたので、少し意外な降格でした。
ただ、佐々岡監督の談話で、「最後の最後まで確定じゃない。いつでも入れ替えはできる」としていますから、首脳陣も決めかねていることがうかがえます。

DJ.ジョンソンはとりあえず開幕1軍メンバーには入ると思います。
K.ジョンソンが、23日の先発に予想されるため、とりあえず外国人1軍枠の5人は、スコット、フランスア、DJ.ジョンソン、ピレラ、メヒアでスタートして、23日にK.ジョンソンが出場選手登録してきて、その時に誰が降格するかになります。

だから、現在ボーダーラインのフランスアとDJ.ジョンソンについては、明日からの3試合だけでなく、DeNAとの開幕3連戦までが熾烈な争いの期間となりそうです。

野手・攻撃陣について

私にとっての最大の注目は、打順です。

既定路線の、1・2番が田中-菊池ではなく、1番にピレラを置く打順も組んでいます。

おそらく今は打撃好調のピレラを1番におく攻撃的オーダー、下記の【オーダー②】でいきそうな雰囲気です。

この打順を組めるのは、ひとえにメヒアの打撃好調というのが大きいです。
これにより、3塁守備でのスローイングが不安だったピレラをレフトに、その3塁にはメヒアが入りそうです。
開幕スタメンの候補だった、レフトの長野、野間は、当面はピレラに奪われそうです。

オーダー予想

オーダー① オーダー②
1 田中 ピレラ
2 菊池 菊池
3 ピレラ 西川
4 鈴木誠 鈴木誠
5 西川 メヒア
6 メヒア 会沢
7 会沢 堂林
8 堂林 田中
9 投手 投手

1塁も誰が座るのか注目ですが、開幕戦今永投手ですから、ここは堂林の可能性が高いとみています。

シーズンを戦っていくうえで、
松山が1軍に昇格してくればさらにオプションは増えます。
長野、野間、安部も黙っていません。
こうやってみると、カープの選手層の厚さを感じます。

その選手層の力の差がないのがカープの強みです。

スポンサーリンク

まとめ

明日からのソフトバンク戦については、以上のような注目ポイントで観戦してみてはいかがでしょうか?

あとは、中継ぎ以降の投手陣。
特に、7回と8回を任せられる投手が誰になるのか?

すべてはこの3試合の投球内容にかかっています。
フランスア、今村、中崎、菊池保、塹江、高橋樹の投球内容に要注目です。
あと、先発ローテーションを、遠藤と争っている薮田が中継ぎで登板してきそうです。
遠藤は明日の2軍戦に先発してきそうですから、こちらも目が離せません。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事