カープ2020年キャッチフレーズのヒントは「何かをひっくり返す仕草」
スポンサーリンク

カープのキャッチフレーズは

明日11月23日はカープファン感謝デー。
ここで毎年発表されるのが、来季のキャッチフレーズ。
今回は、どんなキャッチフレーズになるのか発表まで大変楽しみですね。

カープのスローガンというかキャッチフレーズ。
過去をさかのぼると1953年の「闘志なき者は去れ」が最初だと思います。
1954年~1972年まではいろいろ調べてみたのですがどこにも出てきませんでしたからキャッチフレーズなしだと思います。
そして1973年の「スピードとスリルある野球」からここまで、毎年チームのキャッチフレーズが発表されています。

カープのキャッチフレーズ(2000年以降)
2000年    START FROM ZERO ZERO
2001年    レッドアタック「攻めろ!!」
2002年    レッドパワー「燃えろ!!」
2003年    ライジングハート「たかぶるハートで」
2004年    WILL TO VICTORY
2005年    REBORN TO WIN「赤ヘル再生」
2006年    ALL-IN
2007年    ALL-IN
2008年    ALL-IN激
2009年    ALL-IN烈
2010年    We’re Gonna Win 俺たちは勝つ
2011年    STRIKIN’ BACK!! 逆襲
2012年    破天荒 -前人未踏-
2013年    剣砥挑来
2014年    赤道直火
2015年    常昇魂 RED RISING
2016年    真赤激! Burn it up!
2017年    カ舞吼!-Kabuku-
2018年    ℃℃℃(ドドドォー!!!)
2019年 水金地火木ドッテンカープ

以前のキャッチフレーズは、その言葉から目指す野球が伝わってきていましたが、ここ最近のものは、奇抜なものが多くて、どういう意味があるのか解説されて初めて理解するようなものばかりが続いています。

2020年キャッチフレーズは

いよいよ明日2020年のキャッチフレーズが発表になります。
どんなキャッチフレーズになるか、報知新聞カープ番記者田中さんがヒントをつぶやかれています。

わかったヒントは「手に持った何かをひっくり返すような仕草
田中記者はこの何かは見ているのかな?
何かを見ていたら、何かしらのイメージはわいたはず。
この直後に、田中記者なりの予想ツイートがこれ。

田中的に推理すると…

①今季の壮大でユニバーサルなコピーから、70周年らしく地域に根差したローカルなものに“ひっくり返し“た
②“ひっくり返す”と別の意味になるアンビグラム。サッカー日本代表ユニのタグ「日本晴れ→侍魂」みたいな
③誰もが“ひっくり返る”2年連続同一コピー

正解はあるかしら?

私なりに予想しているのは。奇抜なキャッチフレーズ路線は変わらないままでしょう。
そして、「ひっくり返す」という仕草をされたということですから、田中記者の予想された3番目の予想が3つの中では近いと見ています。
「ドッテン」というキーワードを変えるような感じもあるのでは?
また、優勝した年のキャッチフレーズに近いものもありかな?

スポンサーリンク

キャッチフレーズに思うこと

昔人間なので、解説がないとさっぱりわからないようなキャッチフレーズより、その言葉からストレートで伝わってくるようなものがいいなと思っています。
カープグッズの売れ線など、すべての要素を総合的に判断して、頭をひねっていると思いますが、最近はとてもひねりすぎて、「水金地火木ドッチンカープ」ってどういう意味だっけ?と聞かれても、さっぱりわからないような、私にはとても難問なキャッチフレーズでした。

どうか、なんとなくでもキャッチフレーズの意味が伝わってくるようなもので、覇権奪回に向けて戦えるようなキャッチフレーズであればストレートでいいかなあと個人的に思っています。
でも、また奇想天外なキャッチフレーズなんでしょうね。
だって、そんなキャッチフレーズを楽しみにされているファンの方が多いでしょうから。

スポンサーリンク
おすすめの記事