カープ菊池はあくまでもメジャーなのか? マイナーでもいいのか?
スポンサーリンク

菊池はあくまでもアメリカなのか?あくまでもメジャーなのか?

カープの菊池選手が、ポスティングシステムでのアメリカ大リーグへの挑戦をしますが、あくまでもメジャー契約だけを目指して話を進めていくのか、それともマイナー契約であっても、そこからのメジャーに挑戦するのか?に関心が集まっています。

カープ球団としては、もしメジャー契約を結べなかった場合の対応として、
「行くならメジャー契約。そうでなければ臆することなく帰ってきたらいい」と、もし入札されたとしても、もしマイナー契約ならそのオファーを拒否して、来季へカープ残留を求める考えを示したそうです。

一瞬、「菊池残留してくれるかも?」と心の中でちょっぴり喜んだカープファンは私です。
ただこれは、あくまでも球団の対応としての考えですから、菊池選手の意思ではありません。

その菊池選手は、現在どう考えているかはまだ伝わってきません。
今は、世界野球プレミア12の侍ジャパンのメンバーとして戦っている最中ですから。
ポスティングでメジャー挑戦と決めた時に、メジャー契約ではなく、マイナー契約としてのオファーがあるのは想定しているはずです。
どう考えているかはプレミア12が終了してからでないと、なかなか伝わって来ないはずですが、挑戦する以上は、今はあくまでもメジャー契約一本しか考えていないと思います。
ただ、大リーグ球団はたとえメジャー契約であっても、契約直後に平気でマイナーへの降格を告げることもあるので心配ですが、菊池選手も代理人も、そのあたりは十分理解して進めて行くと思います。

マイナー契約なら帰ったらいいという裏側

カープ球団の鈴木本部長の「行くならメジャー契約。そうでなければ臆することなく帰ってきたらいい」の糸はこうです。

ポスティングを容認して手続きに移ってからは、カープはポスティングを撤回することは出来ません。
ですから、入札した球団が出てくれば、その時点でカープ球団として、その入札してきた球団に契約を拒否することは出来ません。
そこからは菊池選手自身の判断が方向を決めることになります。
あくまでもメジャー契約を勝ち取っていくのか?
たとえマイナー契約でも、そこからメジャーへの夢の挑戦をし続けて行くのか?

球団としては、もしマイナー契約で今の年俸よりもはるかに安くオファーされるならば、もう1年待って挑戦をしたらどうかと選択肢を与えたということなんでしょう。
どこまでも本当は菊池選手に残留をして欲しいというホンネを心の中にしまった上で、チームの功労者に対して、どんな状態になのろうと最高のバックアップをしていく姿勢は見えますね。

それと、ここ最近伝わってきているのが、同じくメジャーを目指している西武・秋山選手の低評価という噂。
菊池選手よりも打撃が素晴らしい秋山選手の評価が低いということで、ますます浮き彫りになるのが、これまでの日本人野手への低評価の流れがここに来てもあること。

私たち以上に、そのあたりの情報は球団に入ってきていることも、「行くならメジャー契約。そうでなければ臆することなく帰ってきたらいい」という言葉の伏線にもなっているかもしれません。

スポンサーリンク
おすすめの記事