観戦チケット高くても争奪戦必至のマツダスタジアム-オープン戦の入場券までも値上げ-
スポンサーリンク

オープン戦の入場券までも値上げ

一昨日、カープ球団から発表があった観戦チケットの値上げ。
今度は、オープン戦のチケット代金の値上げです。
ちなみに、2020年マツダスタジアムでのオープン戦は3試合です。

試合日 曜日 対戦 試合開始 開門予定 当日券販売
3月6日 埼玉西武ライオンズ 13:00 11:00 10:00
3月7日 埼玉西武ライオンズ 13:00 11:00 10:00
3月15日 福岡ソフトバンクホークス 14:00 12:00 11:00

【オープン戦入場券料金】

自由席 内野自由席1階 大人 2,600円
こども 1,100円
内野自由席2階 大人 1,600円
こども 600円
外野自由席 大人 1,600円
こども 600円
指定席 正面砂かぶり席(1塁寄り・3塁寄り) 5,100円
内野砂かぶり席(1塁側・3塁側) 3,600円
外野砂かぶり席(レフト) 2,000円
テラスシート5人掛け(正面1塁寄り・正面3塁寄り・1塁側) 13,000円
テラスシート6人掛け(正面1塁寄り・正面3塁寄り・1塁側) 15,600円
テラスシート7人掛け(1塁側・3塁側) 18,200円
ゲートブリッジ(6名まで) 12,600円
鯉桟敷(8名まで) 20,800円
プレミアムテラス(8名まで) 20,800円
コージーテラス(7名まで) 14,700円
寝ソベリア(2名まで) 4,200円
バスタベリア(2名まで) 4,200円
パーティー席 パーティーベランダ(150名まで) 315,000円
ラグジュアリーフロア(50名まで) 125,000円
パーティーフロア大(30名まで) 63,000円
パーティーフロア小(25名まで) 52,500円
パーティーデッキ内野(30名まで) 63,000円
パーティーデッキ外野(25名まで) 52,500円
スポーツバー(40名まで) 100,000円
アウトドアデッキ1塁側(40名まで) 84,000円
アウトドアデッキ3塁側(30名まで) 63,000円
びっくりテラス大(60名まで) 126,000円
びっくりテラス小(50名まで) 105,000円
パーティーグリル(30名まで) 63,000円
ちょっとびっくりテラス大(30名まで) 63,000円
ちょっとびっくりテラス小(25名まで) 52,500円
車いす席 内野車いす席正面砂かぶり3塁寄り(車いす席1席同行者席1席) 3,100円
内野車いす席(1塁側・3塁側) 2,100円
外野車いす席ライト 1,100円
外野車いす席カープパフォーマンス(最大車いす席2席同行者席3席) 1,100円
外野車いす席ビジターパフォーマンス(最大車いす席2席同行者席3席) 1,100円
ハートフルシート(7名まで)(最大車いす席3席同行者席4席) 18,200円
駐車場 車いす専用球場東駐車場(ルネサンス4F) 2,100円
車いす専用JR側駐車場(カープ屋内練習場) 2,100円
車いす専用球場3塁側駐車場 2,100円

 

スポンサーリンク

オープン戦のチケット争奪戦はないでしょう

先日の公式戦のチケット値上げの発表に続いて、オープン戦チケット代金も値上げ。
公式戦チケットは来季も争奪戦が展開される模様ですが、このオープン戦に関しては大丈夫だと思います。

ただ、土日の試合が2試合設定されていますから、ちょっと不安を覚えるかも知れないけど、まず大丈夫です。

なぜなら、公式戦と比べて、勝ち負けどっちでもいいような試合の熱中度はさほど高くないからです。
公式戦みたいに、勝つか負けるか、ドキドキしながら見るあの緊張感は、オープン戦にはありません。
だから、私もオープン戦に関しては、ちょっと肌寒い時期での観戦だし、「テレビで十分だな」と思ってしまうファンの1人です。
そんなファンも少なくないから、超満員にはいつもなってないと思います。

それでも、3月15日の試合が一番観客数は多いはずですよ。
公式戦スタート直前5日前の試合だからです。
その時には、全選手とも調子をピークに限りなく持ってきているので、試合を見る目も公式戦モードに入りつつあるからです。
なんだかんだ言いつつも、オープン戦スタートまであと2ヶ月切りました。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事